マイノリティ・リポートは未来の映画!独自視点の考察と感想を語る!

映画
スポンサーリンク

『マイノリティ・リポート』は2054年の未来を舞台にしたスティーブン・スピルバーグ監督作品(2002年公開)。

主演のトム・クルーズとタッグを組み、近未来の社会を謎解きとテンポの良いアクションで描いたヒット作。

この記事では、そんな『マイノリティ・リポート』のあらすじと、未来技術を予想した映画の中身、また筆者独自の考察と感想も交えて、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

『マイノリティ・リポート』キャスト

◯トム・クルーズ(ジョン・アンダーソン)

◯コリン・ファレル(ダニー・ウィットワー)

◯サマンサ・モートン(アガサ)

◯マックス・フォン・シドー(ラマー・バージェス)

『マイノリティ・リポート』あらすじ

近未来のアメリカ、ワシントンD.C.。

「プリコグ」と呼ばれる3人の予知能力者たち。彼らの能力を使い、犯罪予防局の刑事ジョン・アンダートンは、犯罪を行う前の”犯人”を次々と逮捕。

おかけでワシントンD.C.での犯罪率は、0パーセントになっていた。

このシステムを全国に導入するため、司法省の調査官ダニー・ウィットワーは、犯罪予防局での調査を開始。

彼は調査を続ける中で、犯罪を取り締まる側のジョン・アンダートンが一人の男に銃を放つ、という予知をプリコグにされていることを知る。

逃亡するジョン。彼を追う調査官ダニー・ウィットワー。

ジョンの妻、ジョンの上司で犯罪予防局の局長ラマーをも巻き込んでの逃亡劇の結末は…。

『マイノリティ・リポート』は未来を予測した映画

『マイノリティ・リポート』を撮るにあたって、スピルバーグは学者、専門家らを集めて2050年代に実現し得る未来技術、未来社会を現実的に予測。

この時代考証によって、突拍子もないギラギラの未来は描かれていない。

映像スクリーンを遠隔で指や手の動きで操作したり、完全自動運転の車、無人の工場、音声で作動する家電。網膜認証カメラで個人を特定。

これらは現代でも少しずつ現実のものとなりつつある。

『マイノリティ・リポート』の独自視点の考察と感想

スピルバーグは近未来の作品でも、キラキラまぶしい明るい映像にしない。

常に彼の頭の中にはリアリティ、という言葉があるように思う。

それはこの『マイノリティ・リポート』にしても変わらず、厳密な時代考証によって貫かれている。

そしてそれを自然に、スタイリッシュな映像に乗せて、トム・クルーズのアクションと共に観せてくれる。

そんないくつもの魅力が完璧に絡み合った今作。ぜひ一度観てみてください。

スポンサーリンク
映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hiroをフォローする
好奇心旺盛会社員のなんでも情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました