映画去年の冬、きみと別れのあらすじとネタバレ。個人的感想も。

映画
スポンサーリンク

去年の冬、きみと別れ』(2018年・日本)

中村文則の原作小説を映画化。

滝本智行監督。

すべての人が、この罠にハマる

というキャッチコピーで宣伝されていました。

当然観客は、どんでん返し系の映画ということをわかって観るわけですが、ぼく自分は気持ち良く騙されたい、と思うほうなので何も考えずに観て、気持ち良く騙されました。

そんな『去年の冬、きみと別れ』。

 

ネタバレありのあらすじも含めて、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

『去年の冬、きみと別れ』キャスト

◯岩田剛典(耶雲恭介)ルポライター

◯山本美月(松田百合子)耶雲恭介の婚約者

◯斎藤工(木原坂雄大)カメラマン

◯浅見れいな(木原坂朱里)雄大の姉

◯北村一輝(小林良樹)出版社の編集者

◯土村芳(吉岡亜希子)雄大の写真のモデル

 

『去年の冬、きみと別れ』あらすじ

フリーのルポライター耶雲恭介(岩田剛典)。

彼は、ある取材原稿を出版社に持ち込んで本を出版したい、と持ちかける。

その取材とは、昨年の秋に起きた事件。

カメラマン木原坂雄大(斎藤工)がモデルの女性、吉岡亜希子(土村芳)を撮影中に彼女が焼死。

目の前にいた木原坂雄大が逮捕されたが、裁判ではロウソクの火が倒れた事故、と判断され、雄大は無罪になった。

 

耶雲恭介は、無罪になった木原坂雄大に疑念を抱き、耶雲の担当に付いたベテラン編集者、小林(北村一輝)とともにさらなる取材を開始する。

 

やがて耶雲恭介は婚約者の百合子(山本美月)との挙式を延期してまでも取材にのめり込んでいく…。

『去年の冬、きみと別れ』ネタバレあらすじ

主人公の耶雲恭介が、木原坂雄大は本当は有罪ではなかったのか?

との信念をもとに、観客も恭介と同じ視点で真実を究明していくような展開で物語が進んでいくわけですが、実は全く違います。

結論から言えば、木原坂雄大が無罪になった事件で焼死した吉岡亜希子の恋人が、耶雲恭介だったのです。

耶雲恭介は木原坂雄大だけでなく、雄大の姉、朱里にも恨みを抱いており、姉弟への復讐の為に編集者の小林をも利用していました。

小林も、木原坂の姉弟と深く関与している人物なのです。

 

物語は、耶雲恭介の「理想の形」で復讐を遂げます。

 

去年の冬、君と別れ”という意味は、亡くなってしまった君のために僕は今から復讐を開始する。そのためなら化け物にでもなる。

君の恋人が化け物であってはいけない。だから僕は君と別れる。別れ、そして復讐を開始する。

という意味だったのです。

 

『去年の冬、きみと別れ』感想

もっと細かな部分が当然あるのですが、かなり省略して、複雑な説明にならならいよう、書き綴ってみました。

このどんでん返しのために、いくつもの伏線がちりばめられています。

そんな伏線を最初からもう一度楽しみたいと再度観返してみるのもいいかもしれません。

 

個人的には、主人公の耶雲恭介を演じた岩田剛典さんの俳優としての顔をもっと見てみたいと思いました。今後の彼の「役者・岩田剛典」の活躍にも期待したいと思います。

 

 

スポンサーリンク
映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hiroをフォローする
好奇心旺盛会社員のなんでも情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました