プライベート・ライアンのあらすじをネタバレなし解説!面白さの評価も!

映画
スポンサーリンク

『プライベート・ライアン』はスティーブン・スピルバーグ監督による第二次世界大戦を題材にした戦争映画。1998年公開作品です。

アカデミー賞では、監督賞も受賞しています。この記事では、『プライベート・ライアン』のあらすじをネタバレなしで解説し、面白さの評価もしていきたいと思います。

スポンサーリンク

キャスト

◯トム・ハンクス(ジョン・H・ミラー)

◯マット・デイモン(ジェームズ・フランシス・ライアン)

◯トム・サイズモア(マイケル・ホーバス)

◯エドワード・バーンズ(リチャード・ライベン)

◯バリー・ペッパー(ダニエル・ジャクソン)

◯アダム・ゴールドバーグ(スタンリー・メリッシュ)

◯ヴィン・ディーゼル(エイドリアン・カパーゾ)

◯ジョバンニ・リビシ(アーウィン・ウェイド)

◯ジェレミー・デイビス(ティモシー・E・アパム)

『プライベート・ライアン』のあらすじ

第二次世界大戦末期の1944年6月6日、アメリカをはじめとする連合軍はドイツに侵攻するため、フランスのオマハビーチへの上陸を開始。

映画ではその上陸シーンから物語が始まるのですが、上陸シーンの凄まじさ、リアルさは自分が戦場に送り込まれたのかと思うほどの再現性で、戦争映画史上の歴史に残ると言われています。

上陸に成功したミラー隊長は、アメリカ陸軍幹部から新たな指令を受けます。

それは同じくヨーロッパに上陸したであろうライアンという名の下級兵士を見つけ出し、直ちにアメリカに帰国させること。

理由は、ライアンには3人の兄がいて、3人すべてが戦死。

末っ子までも戦死させてはならない、というもの。

この、ある意味では無茶苦茶な指令を、トム・ハンクス演じるミラーは自分と共に行動する部下を選び、ライアン探しの旅に出ます。

『プライベート・ライアン』ネタバレなし解説

『プライベートライアン』は、スピルバーグ初の本格的な”戦場映画”です。

スピルバーグは映像に臨場感を出すために手持ちカメラを用いて、さながら本物の混乱の中のドキュメントを観るかのような錯覚を起こさせます。

そのリアルな映像の中で、部下を引き連れたトム・ハンクス演じるミラーはライアンを見つけることが出来るのか、その旅の行程の中での人間ドラマ。ドイツ兵との様々な攻防。

飽きさせないシーンの連続は、さすがにスピルバーグです。

『プライベート・ライアン』の面白さ評価

戦争映画の歴史を変えたとも言われているこの作品。

戦争映画は、プライベートライアン以前、以後に分けられると言っても過言ではありません。

理不尽な指令に命をかけて従わなければならない戦争の無常と矛盾を描き、ライアンを探し出すことが出来るのか、という観客の引っ張り方まで、スピルバーグの天才的演出に寄って、最後まで引きつけられます。

戦闘場面の凄まじさだけでも一見の価値はありますし、トム・ハンクスの存在感はもちろん、部下役の俳優陣も皆一様に素晴らしい演技を見せてくれます。

見始めたら最後まで一気に引きつけられること間違いない傑作戦争映画です。

 

スポンサーリンク
映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hiroをフォローする
好奇心旺盛会社員のなんでも情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました