ジュラシックパーク3のスピノサウルスとアマンダ。評価と感想も

映画
スポンサーリンク

ジュラシック・パーク3

アメリカ。日本公開は2001年。

ジュラシック・パークシリーズ第3作目にして、シリーズ最後の作品です。

ジュラシック・パーク1、2と監督したスティーブン・スピルバーグですが、3で監督が交代します。

『ジュラシック・パーク3』の監督を任されたのは

ジョー・ジョンストン監督

スターウォーズシリーズなどで活躍してきた特殊映像技術の専門家です。

 

スピルバーグは今作から製作総指揮にまわっています。

 

この記事では『ジュラシック・パーク3』のあらすじ、面白さ。

そして今作で登場する恐竜スピノサウルス、主要人物のアマンダについても書いてみました。

 

スポンサーリンク

『ジュラシックパーク3』キャスト

◯サム・ニール(アラン・グラント)

◯アレッサンドロ・ニヴォラ(ビリー・ブレナン)

◯ウィリアム・H・メイシー(ポール・カービー)

◯ティア・レオーニ(アマンダ・カービー)

◯トレヴァー・モーガン(エリック・カービー)

『ジュラシック・パーク3』あらすじ

ジュラシック・パークでの事件を経験したあとも、古生物学者として研究活動を続けていたグラント

ある日、グラントのもとにカービーと名乗る夫妻が現れる。

カービー夫妻は、趣味で世界中を旅行している大富豪だと言う。

次の旅行は生きた恐竜を見たいので、「経験者」であるグラントにガイドを頼みたい、その代わりに研究費はいくらでも出す、と告げる。

 

二度と島には行かないと誓っていたグラントだったが、莫大な研究費の話しに乗る形になり、承諾。

・島には絶対に着陸しない

・恐竜見学は上空から

との条件で、小型セスナ機でカービー夫妻らと共に島に向かうのだったが…

『ジュラシック・パーク3』に登場するスピノサウルス

ジュラシックパーク1、2では

・大型恐竜で最も有名なティラノサウルス

・小型で頭の良いヴェラキラプトル

このあたりが‘‘恐竜がわ’’の主役でしたが、ジュラシックパーク3では、

スピノサウルス

という大型恐竜が登場します。

ティラノサウルスと同等かそれ以上の大きな肉食恐竜で、冒頭から、中盤、ラストまで登場し、ジュラシックパーク3で主役級の恐竜です。

 

また、ジュラシックパーク3で新たな恐竜

プテラノドン

も、登場します。プテラノドンは、鳥の子孫とも呼べる空飛ぶ恐竜で、このプテラノドンも多くの見せ場があります。

このスピノサウルスプテラノドンの2種がジュラシックパーク3の特徴とも言えます。

『ジュラシック・パーク3』のアマンダ

カービー夫妻の夫人、アマンダ

この映画を観た人にはすこぶる不評な登場人物です。

静かにしていなければいけない場面で大声を出して恐竜に見つかったり、自分さえ良ければ的な思考だったり。

いわゆるアドベンチャー映画における「足を引っ張る役どころ」ですが、そのあたり、前作のジュラシックパーク2のヒロイン、サラと共通しているところかもしれません。

このアマンダを演じているのはティア・レオーニという女優で、他には

・『ディープ・インパクト』(1998年)

・『天使のくれた時間』(2000年)

に出演しています。

美人で綺麗な女優さんなので、興味のある方は、ぜひそれらの作品もおススメです。

『ジュラシック・パーク3』評価と感想

「ジュラシック・パーク3」最大の特徴として上映時間が短いというのがあります。

 

約90分です。映画にしては短い方だと思います。

何しろ冒頭の10分ぐらいで、すぐに島に到着し、恐竜との遭遇が始まります。

非常に展開が早いです。全体的にコンパクトにまとまっています。その間に見どころもこまめに入っているので、最後まであっという間に観てしまいます。

ジュラシックパーク1、2に比べると、小品のような印象を与えますが、ムダが削がれていて、かえって良い。と言うシリーズのファンもたくさんいます。個人的にも好きな作品です。

 

ジュラシック・パークシリーズまとめ

・『ジュラシック・パーク』(1993年)

・『ロストワールド/ジュラシック・パーク』(1997年)

・『ジュラシック・パーク3』(2001年)

と、4年ごとに新作が作られてきたジュラシックパークシリーズ。

3作目で一応の完結を遂げました。

その後、シリーズは「ジュラシック・ワールド」と名前を変えて、2015年に復活します。

ジュラシック・シリーズはいつ復活するのかと?とやきもきしていたファンが、この発表に歓喜したのは言うまでもありません。

 

スポンサーリンク
映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hiroをフォローする
好奇心旺盛会社員のなんでも情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました