ロストワールドジュラシックパーク2のサラはひどい?評価と感想も

映画
スポンサーリンク

シリーズ第1作目『ジュラシック・パーク』から4年後、1997年に公開された映画『ロストワールド/ジュラシックパーク

 

いわゆるジュラシック・パーク2です。

監督は第1作に続きスティーブン・スピルバーグ。

第1作目の『ジュラシック・パーク』が大ヒットし、当然、第2弾にも大きな期待を寄せて観た人がほとんどだったと思います。

 

が、実際の評価はどうなのでしょうか?

また、ヒロインのサラという人物がひどすぎる。などの意見もあり、そのあたりも、まとめて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

『ロストワールド/ジュラシックパーク』キャスト

◯ジェフ・ゴールドブラム(イアン・マルコム)

◯ジュリアン・ムーア(サラ・ハーディング)

『ロストワールド/ジュラシックパーク』あらすじ

ジュラシックパークで起きた惨劇を世間に公表した、事件の当事者イアン・マルコム

だが世間は彼の証言を嘘とみなしていた。

その後、ジュラシック・パークの創設者ハモンド財団のハモンド会長から呼び出されたイアン

ハモンドは、ジュラシック・パーク建設予定地だった島とは別に、恐竜を復活、育成している島「サイトB」の存在をイアンに明かす。

更に、イアンは自身の恋人であるサラが既に「サイトB」に上陸していることを告げられ、サラの救出の為に「サイトB」に向かった。

『ロストワールド/ジュラシックパーク』のサラはひどい?

第1作でも登場した数学者イアン・マルコム

彼が第2作の主人公です。

そんな主人公イアン・マルコムの恋人として初登場したのが、ヒロインである、サラ・ハーディング。

 

しかし、このサラの行動が多くの犠牲者を出すことになってしまいます。

 

彼女は、古生物学者で恐竜の生態にも詳しいにもかかわらず、勇敢というものを通り越して、(観客からすると)見当違いな行動を繰り返し、結果、被害者を多く出してしまいます。

ドジなヒロインという描かれ方は、決してされていません。

しかし彼女の行動が、ストーリーを追っていく観客にとっては違和感を感じてしまい、魅力のないヒロイン。といった位置づけにされてしまっているようです。

 

確かにサラの行動によって周りを巻き込んでしまっているのですが、そのあたり、脚本といいますか、ストーリーの展開上、仕方なかったのかな?と個人的には思っています。

『ロストワールド/ジュラシックパーク』評価と感想

第2作目となる今作は、前作に比べて、恐竜の数も増えました。

更に、恐竜を捕獲するハンターたちも登場するなど、にぎやかになった印象です。

 

そして「ロストワールド/ジュラシックパーク」は、大きく前半後半に分かれます。

前半でのシーン

後半市街地でのシーン

後半は、サンディエゴの街を恐竜が暴れ回る、いう前作には無かった市街地というシチュエーションが追加されました。

そのように、ざっくり前半後半で物語を楽しめるようになっています。

 

それだけに上映時間も長いのですが、見どころが増えたというプラスの見方も出来ます。

少し長いかな?と感じる人もいるかもしれません。ですがそこはスピルバーグ監督の手腕。手堅く、最後まで観てしまいます。

 

ただ、いかんせん、まるで本物の恐竜が生きているかのように映像となって現れる、という驚きは第1作目で体験してしまっているので、もうほとんどありません。

 

それでも面白く見せているのはさすがにスピルバーグ監督ですが、そのあたり、評価が分かれるところかな、と思います。

続編の宿命ですが、それでも決して観て損は無い、愉しめる作品ですので、ぜひ興味のある方はご覧になってください。

スポンサーリンク
映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hiroをフォローする
好奇心旺盛会社員のなんでも情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました