あの夏、いちばん静かな海。のネタバレあらすじとラストシーンの意味

映画
スポンサーリンク

夏が近づくと思い出し、また観たくなる作品のひとつ

『あの夏、いちばん静かな海。』

 

1991年。北野武監督の3作目です。

ずいぶん前の作品なんだなあ、と感慨深いものがありますが

未だに。何度観ても。素晴らしいと思える作品です。

この記事では、『あの夏、いちばん静かな海。』のあらすじと見どころ。

そして、ラストシーンが気になった方に、ネタバレを含んだ上で解説していきます。

スポンサーリンク

『あの夏、いちばん静かな海。』キャスト

◯真木蔵人(茂)

◯大島弘子(貴子)

『あの夏、いちばん静かな海。』あらすじ

ある海沿いの町。

ゴミの収集車でのゴミ回収の仕事をしている青年、茂。

茂は、耳が不自由な聾唖(ろうあ)者だった。

同じく聾唖の恋人、貴子と付き合っている。

ある日、茂は仕事中、ゴミ置き場に置かれていたサーフボードを見つける。

そのサーフボードは壊れていたが、茂は興味を持ち、サーフボードを持ち帰る。

サーフボードを修理し、海に出てサーフィンを始めるようになった茂。

それを浜辺で見つめる貴子。

 

聾唖者であるがゆえの「言葉」というものを介さない二人の関係。

静かな海、という作品タイトルそのままに、物語は淡々と流れていく…。

『あの夏、いちばん静かな海。』ネタバレあらすじ。ラストシーンの意味

やがて、茂は地元のサーフィン仲間の若者たちとも知り合い、サーフィンの大会に一緒に連れて行ってもらったりするなど、楽しい時間を過ごす。

 

ときにはケンカしながらも、貴子との関係も続き、このまま静かな海沿いの町で、二人の幸福は続いていくと思われたが…。

 

ラストシーン。

茂が乗っていたサーフボードだけが海岸に静かに浮かんでいる。茂は、そこにいません。

 

つまり、茂は波に飲まれて、流されてしまった。やはり、当然そのような解釈になるでしょう。

貴子は、それに気づいているのか、いないのか。いつものように、浜辺から海を見つめています。

切ないラストシーンです。

 

しかし、ハッピーエンドで終わらないところがこの映画が胸に残る作品となっていることは間違いありません。

『あの夏、いちばん静かな海。』の魅力

なんといっても全編に流れる音楽だと思います。

北野武監督は、この監督3作目『あの夏、いちばん静かな海。』で初めて久石譲を音楽担当に起用しました。

 

この久石氏の起用が北野作品にハマりまくりました。

北野監督はその後の作品でも久石譲を起用しています。そのどれもが素晴らしいです。

 

一時期は「北野監督=久石譲の音楽

と、セットで語られるほどになりました。

この『あの夏、いちばん静かな海。』でも、作品の魅力を存分に引き出しており、この音楽無しではここまで心に残る作品にはなり得なかったのでは?と思うほどです。

『あの夏、いちばん静かな海。』の魅力2

そしてこの映画の魅力は、もちろん北野監督の演出もあります。

 

北野監督の初期作品によく見られるのですが、セリフをあえて棒読み、のような、役者にほとんど芝居らしい芝居をさせない演出です。

 

特に、サーフィン仲間の若者たちのグループ同士での会話。

ほとんど芝居とは言えないような、自然な会話をカメラを回して撮っただけのような独特な演出。

こんな演出は、北野監督以外には、ほとんど観たことがありません。

そんな、独特な北野監督の演出も注目しながら

『あの夏、いちばん静かな海。』

静かに胸に残るこの作品を、楽しんでいただけたらと思います。

 

スポンサーリンク
映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hiroをフォローする
好奇心旺盛会社員のなんでも情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました