ジョーズのあらすじをネタバレ含めて紹介!撮影秘話と感想も!

映画
スポンサーリンク

ジョーズ

サメが人間を襲う映画といえば多くの人がこのタイトルを思い浮かべると思います。

この記事で解説するのは、スティーブン・スピルバーグ監督が1975年に世に送り出した大ヒット作『ジョーズ』。

『ジョーズ』がヒットしたことにより、その後、数々の続編、関連、便乗?作品が作られました。

しかし、やはりこのスピルバーグ監督作品が突出しています。

この作品のどこが優れているのか、スピルバーグはどのようにこの傑作を作り上げたのか、解説していきます!

スポンサーリンク

『ジョーズ』キャスト

◯ロイ・シャイダー(マーティン・ブロディ)

◯ロバート・ショウ(クイント)

◯リチャード・ドレイファス(マット・フーパー)

『ジョーズ』あらすじ

アメリカ東海岸の小さな海沿いの町。

海岸に若い女性が打ち上げられ、警察署長のブロディはサメにおそわれたのだと断定する。

署長は海岸を封鎖するよう市に要請するが市長は観光資源であるビーチを解放し続ける。

さらに犠牲者が増えることで市長も事態を重く見て、海岸は封鎖。

警察署長のブロディは海洋学者のフーパー、地元の漁師クイントを連れ、たった3人での巨大サメ退治に海に乗り込む。

『ジョーズ』見どころ

サメと人間との戦いを描くこの『ジョーズ』(ちなみにジョーズ、とはサメのアゴの意味)。

しかしこの映画、ある意味では「主役」のサメが前半シーンではほとんど姿は出てきません。なぜ出てこないのかは、後述する撮影秘話で。

観客は、サメが出てくることはわかってるわけですが、なかなか姿を見せない演出に、逆に恐怖を感じさせます。

『ジョーズ』キャストの魅力

『ジョーズ』の主役とも言える3人の男達ですが、その一人一人がいい味を出していて、魅力があります。

ニューヨークに疲れ、田舎町に赴任してきた、海には素人のブロディ署長

ちょっとケンカっ早いけど優しさもある海洋学者フーパー

いかにも漁師、という感じの荒くれ男、クイント

3人の個性がぶつかり合って仲違いしながらも、サメの退治という共通の目的に向かって戦う姿は、ストーリーが進むほどに引き付けられます。

海。船の上の3人。どこに潜んでいるかわからない巨大サメ。

このように後半の舞台がシンプルに設定された時から、もう途中でやめられない面白さにハマってしまうと思います。

『ジョーズ』撮影秘話

1975年当時は、 CG技術などはないわけですので、巨大サメも実物の模型を作って、撮影されています。

しかしこの模型がクセモノでした。水に浮かべた時に思ったように動いてくれず沈んでしまったり。

動かなくなってしまったり、修理に出すと何週間もかかってしまうため撮影は進みません。そこでスピルバーグが考えた秘策は…。

いっそのことサメを画面に登場させなければ良い。画面に登場させずにサメの存在感を出そう!

そのように演出をすればいいんだと。ということで、サメがほとんど出演しない、あの前半シーンが出来上がったのでした。

逆境すらプラスに変えてしまうスピルバーグの機転。

これは映画のみならず、人生にも通じる教えとして、見習いたいものです。

※ちなみに、人間がサメに襲われた際の血液には、大量のチョコレートドリンクが使われているそうです。

『ジョーズ』ネタバレと感想

ここからはネタバレになります。

ラストは、警察署長ブロディがサメの口の中に酸素ボンベを放り投げ、そのボンベを銃で撃ち、ボンベごと粉々に吹き飛ぶサメ。ブロディは勝利します。

サメをおびき寄せて仕留めようと海に潜った海洋学者のフーパーは、生きていました。

船を失ったブロディとフーパーですが、二人は無事に合流して、笑いながら泳いで沖へ向かうのでした。

個人的にスピルバーグの演出で好きなところが、この緊迫のシーンと、平和なシーンのメリハリです。

ここではもう絶対何も起こらないだろう、と安心感を与えてくれるのです。

荒くれ漁師のクイントはサメにやられてしまいます。

クイントがサメにおそわれるシーンは、何度観ても恐ろしく、これが本当にニセモノのサメか?と思うほどの緊張感と凄み。生きてるサメにしか見えません。

なぜ、当時より撮影技術が発達した今、このシーンを観ても色あせていないのでしょう?

スピルバーグの天才的演出、と言ってしまばそれまでです。でも僕はこのことを人生にも応用したいと思います。

すなわち、環境や、今あるモノ、置かれた立場で工夫と努力をすれば、抜け道、解決策は見つかり、人の心を打つ結果を出せるのではないか?と。

『ジョーズ』を久しぶりに観て、そんなことを考えたのでした。

スポンサーリンク
映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hiroをフォローする
好奇心旺盛会社員のなんでも情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました