山の日はいつからできた?2020年は何日が山の日になる?

生活
スポンサーリンク

比較的新しい祝日として「山の日」があります。

この山の日という祝日はいつからできたのでしょうか?

そして毎年、何月何日が山の日になるのでしょうか?

また、2020年に関しては、いつなのでしょう?解説いたします。

スポンサーリンク

山の日はいつからできた?

山の日は、2014年に制定されました。

祝日法という法律「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としていますが、山に関する特別な出来事の明確な由来があるわけではありません。

「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」が2016年1月1日に施行され、8月11日は2016年から、国民の祝日「山の日」となりました。

山の日、2020年はいつ?

2020年は東京オリンピック・パラリンピック特措法により、8月11日ではなく、8月10日に変更されました。

2020年8月10日(月曜日)。

この日は東京オリンピックの閉会式の翌日となるはずでした。

しかし、新型コロナウィルスの世界的大流行の影響で、開催日程が1年後(2021年8月8日 閉会式予定)に延期されたため、2020年は、特に意味のない日付移動になってしまいました。

2021年も、延期されたオリンピックの日程に合わせて、政府は山の日を移動させる方向で特措法の改正を進めています。

閉会式翌日の8月9日に山の日を移動させることを想定していましたが、自民党内から長崎市へ原爆が投下された日である8月9日を祝日とするのは望ましくない、という意見が出たため、閉会式当日の8月8日(日曜日)に移動させ、9日は振替休日とすることで調整しているようです。

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
hiroをフォローする
好奇心旺盛会社員のなんでも情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました